Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
HOME > 退職代行 > 【退職代行サービス】社宅でも使える?社宅の人が利用した場合の流れ
退職代行

【退職代行サービス】社宅でも使える?社宅の人が利用した場合の流れ

退職代行社宅でも使える?

退職代行サービスを使えば、翌日から出勤することもなく、会社の人と顔を合わせなくても退職手続きが済ませられると好評を得ています。

しかし、社宅に住んでいる場合は、退職代行サービスを使えるのか、すぐに追い出されるのかという点がとても気に掛かるのではないでしょうか。

結論から言うと、社宅に住んでいても、退職代行サービスは普通に使えます。

そこで今回は、社宅に住んでいる場合、退職代行サービスを利用する注意ポイントと、退職までの流れや転職に関して見ていきましょう。

社宅でも退職代行は使える?社宅の人が利用した場合の流れ

社宅利用者が退職代行サービスを利用するときの注意点

社宅利用者ならではの、退職代行サービスを利用するときに注意したいポイントがいくつかあります。

実際に退職代行サービスを利用する前に確認してください。

退職日から12週間以内には引っ越す

退職代行サービスを利用すれば、担当者が会社に退職の意向を伝え、退職日の決定を依頼者に連絡してくれます。

退職日当日までに引っ越しをするのが無難ですが、どうしても事情があり、間に合わない場合は、12週間までなら相談可能です。

退職代行サービス担当者から会社に伝えてもらうため、会社の人と話す必要があるのだろうか?と不安になることはありません。

ただし、会社としては一刻も早く出て行ってほしいのは事実です。できる限り早く引っ越しをしましょう。

できれば退職代行サービスを使う前から、次の住むところを探しておいた方がいいです。

離職証明書などの書類送付先を伝えてもらう

離職証明書は退職日から約10日間から2週間以内に届くため、退職日付近で引っ越しをする場合は、必ず引っ越し先の住所を会社に連絡する必要があります。

ほとんどの退職代行サービスでは、会社に連絡するのを代行してくれますので、そこは依頼すれば問題ありません。

何日に引っ越すのかと新住所を必ず連絡しておいてください。離職証明書がなければ、失業保険の手続きができなくなります。

念のために転居届の提出を

退職代行サービスに依頼しているからと安心するのは早計です。

引っ越しを済ませたあと、早い段階で最寄りの郵便局に行き、窓口で転居届を書いて出してください。

万が一、行き違いや何かの手違いで社宅のポストに届いていたということがあれば、無用なトラブルに発展してしまいます。

必ず転居届は出しておきましょう。

会社から付与されている物品は放置しない

会社から借りている物品、例えば会社支給のジャンパーや小物家電などは、社宅だからと置きっぱなしにするのは止めましょう。

会社を辞める決意をする前日に、社宅にある会社の物品を自分の机に置いてから帰るのが無難です。

もしくは、元払いで送ってください。

会社に私物を置き忘れた場合は、捨てて良い物なら退職代行サービス担当者から捨ててもらうように依頼します。

どうしても返してほしい物は着払いで送ってもらうように依頼してください。

退職日当日に退去を強要された場合

退職日までに絶対に出て行ってほしいと言われた場合は、無視して大丈夫です。12週間は待ってくれるのが普通なので、無理やり社宅から引きずり出されることはありません。

しかし、強く出て行けと言われたら、会社に行っていなくても、毎日が不安で居ても立っても居られなくなります。

精神的な苦痛を1秒でも味わいたくない場合は、1週間以内に見付けるつもりで、ウィークリーマンションかネットカフェを利用し、社宅を早く出ましょう。

退職代行サービスに依頼してから引っ越すまでの流れ

社宅利用者が退職代行サービスに依頼してから、引っ越しをするまでの流れを見ていきましょう。

退職代行サービスに相談・依頼

退職を決意したあとは、まずは依頼する退職代行サービスを探し、電話やLINEなどで相談・依頼をします。

内容に問題がなければ、退職代行費用を払い、あとは退職代行サービスにお任せするだけです。

会社側に連絡し、退職日が決定

退職代行サービス担当者が会社側に依頼者が退職したい旨を伝え、会社側がそれに承諾すると退職日が決定します。

依頼者が社宅にいるのは承知しているはずなので、退職日までに出て行ってもらいたいと、担当者から連絡が入るはずです。

退職日までに引っ越し先を探す

退職日が決まったあとは、大至急引っ越し先を探します。できれば、退職を決意する前の段階で、次の引っ越し先を探しておく方がいいです。

時期によってはすぐに物件が決まらない場合があります。なるべく退職日までに引っ越しができるように、準備をしておきましょう。

そのためにも有休休暇を少し残しておくべきです。

会社に返す物をまとめておく

会社から支給されている物は、1つも漏れることなく、すべてを返却しなければなりません。

念入りにチェックし、返すべきものを用意しておきましょう。

万が一、紛失したものがあれば、退職代行サービス担当者から必ず伝えてもらい、そのあとの対応を聞いてもらってください。

再発行料などを取られるかもしれませんが、しかたのない支払いです。間違っても黙っておくのは止めておきましょう。

離職証明書の送付

退職日から2週間以内に、離職証明書が送られてきますので、最寄りのハローワークに持参し、失業保険の手続きを行ってください。

しかし、万が一2週間以内に離職証明書が届かなかった場合は、どうしたらいいのか非常に不安ですね。

この場合、2週間も経っているので、引き続き、会社とのやりとりを退職代行会社にお願いすることができるのかどうか心配になります。

なので、事前の相談や打ち合わせで、2週間経っても離職証明書が送られてこなかった場合は、フォローしてくれるのかを必ず聞いておくようにしましょう。

その辺をしっかり確認しておかないと、2週間後に自分で会社に連絡しなければならなくなります。

転職はどうすればいいのか?

退職を決意したときに、きちんと次の転職先も考慮したうえで進める場合は、何の問題もありませんが、後先考えずに行動を起こしてしまった場合は、至急転職先について考えなければなりませんよね。

そこで転職をどうすればいいのかについて、考えていきましょう。

再就職支援付きの退職代行サービスを使う

退職代行サービスでは、再就職支援付きのサービスをやっているところがあります。退職の手続きだけではなく、そのあとのフォローもしっかりしているということです。

とにかく大至急辞めたいけど、次の転職先をまったく決めていないときは、このような再就職支援付きの退職代行サービスをおすすめします。

有休休暇が残っていれば有効活用しよう

有休休暇に余裕があれば、退職日まで社宅にいながら、ゆっくりと転職活動ができます。弁護士が担当者なら、残っている有給休暇すべてを使うのも問題ありません。

会社側が有休休暇を使わせないと言ってきたとしても、弁護士がきちんと交渉してくれますので、すべての有給休暇が使えます。

その間に、転職活動をしましょう。

退職代行サービスは転職活動に影響がある?

退職代行サービスを利用したことで、転職活動に悪い影響があるのではないかと、不安に思うことはありませんか?

結論としては、自分から言わない限り、退職代行サービスを利用したことは、転職先の会社にはわかりません。

面接でうっかり退職代行サービスを利用したことを言わなければ、何の問題もないです。

社宅でも安心して退職代行サービスを活用しよう

社宅利用者でも普通に退職代行サービスは利用できますし、すぐに社宅を追い出されることもありません。

安心して次の引っ越し先を探し、転職活動に励んでもらって大丈夫です。しかし、社宅にいつまでもいるのは精神衛生上よくありません。

早めに引っ越しをして、嫌な会社から解放されましょう。

おすすめ退職代行ランキング

【1位】汐留パートナーズ法律事務所の退職代行

退職代行からトラブル交渉まで弁護士が直接対応する退職代行をお薦めします。 弁護士が直接対応する「退職代行サービス」は、あなたが辞めた後も法的にしっかりとサポート致します。 もう悩まずに新しいステップに進みませんか?お気軽にご相談ください。

「汐留パートナーズ法律事務所」は、企業法務から個人事件まで、豊富な経験と法律知識を駆使して、法律に関するあらゆるサポートしてます。

当事務所は、法人のお客様、個人のお客様を問わず、すべてのお客様と共に悩み、プロフェッショナルとしての解決策を『早く』『的確』に打ち出します。

また、一般的に弁護士が苦手としている税務・労務につきましても、併設している「汐留パートナーズ税理士法人」「汐留行政書士事務所」との提携により、万全のサポート体制を整えています。

退職代行サービスはトラブル交渉まで弁護士が直接対応する退職代行をお薦めします。

弁護士が直接対応する「退職代行サービス」なら、あなたが辞めた後も法的にしっかりとサポートしてくれます! もう悩まずに新しいステップに進みませんか?

【2位】安全退職ドットコム

そんな会社の精神的悩みを解決するために、退職代行業務からトラブル交渉、未払い金回収まで弁護士がワンストップで行います。

退職するのに早い・安い・簡単を実現化!100%丸投げOK(全国対応)
今の時代、退職代行に頼むのは当たり前(認知)の時代になってきました。

ほとんどの会社は辞めると言った瞬間に、手のひらを返したように冷たくされ、敵意さえ感じさせる場合もあるほどです。昨日の仲間が今日の敵にもなることも。

そんな会社の精神的悩みを解決するために、退職代行業務からトラブル交渉、未払い金回収まで弁護士がワンストップで行います。

弁護士が直接対応する「安全退職代行サービス」はあなたが辞めた後も法的にしっかりとサポートを行います。

もう二度と悩まずに新しいステップに進むことが可能です。
※弁護士は法的に弁護士法第23条で秘密保持義務が課されています。

【3位】女性の退職代行【わたしNEXT】

今すぐ辞めたい、次へ行きたいと願う女性の退職代行サービス。即日当日退職可、退職成功率100%、ご相談無料、転職祝い金5万円!自分で辞めると言わなくても嫌な仕事から即日解放。「安堵とストレスの解放」を退職代行サービスわたしネクストがすぐ実現。退職代行なら明日から行かなくて大丈夫。女性の退職代行なら安心してお任せ下さい。

明日から会社に出社しなくても大丈夫です。女性の退職代行なら安心してお任せください。

お客様満足度「大変満足」が98.7%!

もしもの時の全額保証・日本初「女性向け退職代行」・社への連絡は「わたしNEXT」が
行うため、自分で会社に辞めることを言わなくて大丈夫。最短で依頼当日に退職できます。

会社側とのやりとりも不要となるため、
慰留や脅迫などの面倒から逃れられるのも選ばれている理由です。

さらに退職できなければ100%返金保証!安心感でも選ばれています!

 

おすすめ関連記事