HOME > 退職代行 > 退職代行の利用は連休明けに多い?使われることの多い時期とは
退職代行

退職代行の利用は連休明けに多い?使われることの多い時期とは

退職代行サービスが多く利用される時期は、GWなどの連休がある時期です。

その理由は何か、そして退職代行サービスを利用すると何ができるのかをご紹介します。

退職代行の利用は連休明けに多い?使われることの多い時期とは

退職代行が使われるのが多い時期はあるのか

退職代行サービスが使われるのが多い時期はいつでしょうか。このデータを調べるために、政府統計データを参照してみましょう。

政府統計データに、「受給資格決定件数」というものがあります。これは失業して失業給付金の申請をする件数を月ごとにまとめたものです。20178月調査のデータが最新なので、こちらをみてみましょう。

(出典:政府統計データ「受給資格決定件数(昭和504月~)」)

こちらのデータによると、受給資格の決定が行われた月は次の順で多くなっています。

  • 1位 4(189,742)
  • 2位 5(153,363)
  • 3位 6(120,681)
  • 4位 10(118,364)
  • 5位 1(110,502)

カッコ内は調査が行われた時点で最新の2016年度における件数です。

4月が最も多いのは、3月の年度末で退職をした人が受給申請を行い、4月にその申請が通って受給資格を得たのが理由と考えられます。

つまり上記のデータは、受給資格を取得した月の前の月における退職者の多い順位と考えてよいでしょう。

自主退職に関しては3月を含めずに考えるのが自然なので、そうなると自主退職をする人は4月・5月・9月・12月の順に多いと考えられます。

退職代行サービスを利用する人も、この順位で多くなると考えてよいでしょう。

単純な退職と同じく、連休明けが多い

上記データで自主退職をする人が多いのは、4月と5月であることがわかります。これは4月末からスタートするGWの連休と関係がありそうです。この時期には退職代行サービスも多く利用されると考えられます。

続いて9月と12月の退職者が多いのですが、9月は10月の転勤シーズンの前ですし、12月は年末のボーナスの時期でもあります。つまり転勤前に退職を考える人、ボーナスをもらってから退職を考える人が多いと考えられます。

そしてもうひとつ、4月・5月・9月・12月で共通するのは、連休があるということです。つまり連休がある時期に、退職代行サービスを利用する人が多くなると言ってもよいでしょう。

4月と5月はGW(ゴールデンウィーク)が、9月にはシルバーウィークがありますし、その前には夏季休暇があります。

そして12月といえば年末年始の連休の時期です。このような連休がある時期には、退職代行サービスが多く利用されると考えられます。

GW明けは特に多い

2019年のGW明けには、退職代行サービスに多くの依頼が集まったようです。これは連休中に自分の人生を見つめ直して、退職を決断するケースが多いからではないかと考えられています。

退職代行サービスを利用する人の多くは日々の忙しさに忙殺されていると考えられます。普段は仕事をこなすのに忙しく、退職をしたあとのことまで考える余裕はないのでしょう。そのため、やむなく仕事を続けているのではないでしょうか。

しかしGWのような連休でじっくり考える時間ができると、自身の生活のことを考えることができます。そこで退職代行サービスのことを知り、相談してみようという流れになるのではないでしょうか。

退職代行サービスでは会社を辞めることはもちろん、その後の転職に関するフォローも行っています。そこで安心感を得て、辞める決断を下せるのではないかと考えられます。

会社が原因で自殺など、考える必要はない

仕事や職場に悩みを抱えながら会社に通っている人は少なくないでしょう。そのような環境にある中でも、悩みがなくなるようなメソッドや前向きになれる方法といった情報が多く見られます。

このような情報を見ると、悩んでいる自分に問題があるのか、あるいは悩みを解消する方法を知らないだけではないのかと思うこともあるでしょう。つまり、その悩みの原因は自分にあるという思考になるということです。

もちろんうまく悩みを解消して仕事を続けられる人もいるでしょう。しかし誰もがそのように前向きに考えられるわけではありません。

そのまま無理をし続けることで精神的疲労が蓄積され、やがて自殺を考えることにもなりかねないものです。

人が働くのは決して、会社のためではありません。働く意味は人それぞれ違うと思いますが、会社はあくまでもその環境を提供しているだけにすぎません。

つまり自分なりの働く意味を考えて、それを実現できる環境を提供する会社を選ぶことが大事だということです。

今の時代、働く場所はいくらでもある

日本は人口減少に転じて少子高齢化が進んでいます。その中で技術革新や政府が進める働き方改革により、働き方は多様化しています。また職種も次々と新しいものが生まれ、働く場所は増えているといってもよいでしょう。

退職代行サービスを利用して会社を辞めても、次に働く場所は多くあります。

しかし仕事で成果が出せずになかなか辞めることができない人は、自分の能力に自信が持てないということもあるでしょう。

あるいは職場環境になじめない人は、どの会社に行っても同じではないかと考えがちになるかもしれません。

GWのような連休はぜひゆっくりと休んで、自分の強みについて考えて欲しいと思います。人は誰でも何かしら得意なこと、あるいは好きなことがあるはずです。

もし今は思いつかないとしても、これまでを振り返ってみてください。たとえば子どもの頃はどんなことに夢中になったのかを思い返してみてもよいでしょう。

その中に何かしら自分が得意とするもののヒントがあるはずです。そしてそれを生かせる仕事は何かを考えてみることをおすすめします。連休は時間があるので、じっくりと考えることができると思います。

悩みを抱えている人は、今の仕事は単に自分の良さを生かせていないだけです。

退職代行サービスに相談する時にも、そのことを伝えてみてはいかがでしょうか。

転職のサポートをしている退職代行サービスなら、どんな仕事に就くとよいのかを教えてくれるかもしれません。

鬱になって会社とのやりとりも難しいなら退職代行サービスを使おう

GWなどの連休は自分を見つめ直す絶好の時期です。とにかく疲れた、という人はもしかすると鬱に近い状態かもしれません。

そのような状態では、退職したいと思っても会社と連絡をすることも気が重くなるでしょう。そこを無理して退職を申し出ると、ストレスをさらに増やして鬱状態がひどくなる恐れがあります。

そんな時にはぜひ、退職代行サービスに相談することをおすすめします。退職に関する会社とのやり取りは、退職代行サービスが代わりに行ってくれます。あとは心身ともにじっくりと休めて、次の仕事のことを考えましょう。

仕事や職場で悩むことがあっても、それは決して能力不足などによるものではありません。単に自分の良さを発揮できる職場ではないというだけの話です。

気力を失う前に連休などの時期を利用して退職代行サービスに相談し、自分に合う職場を探して欲しいと思います。

まとめ

仕事内容や職場のことで悩んでいる方は、GWなどの連休に自分の生活についてゆっくりと見つめ直すことをおすすめします。

そして、仕事や職場が自分に合わないと思うのであれば、退職代行サービスに相談するとよいでしょう。

仕事で成果を出せないのは自分の能力を生かせる環境ではないからです。

そして現代はいろんな職種がありますし、自分に合う仕事や職場が必ずあるはずです。

まずは退職代行サービスに相談して、自分の良さを発揮できる職場環境を探して欲しいと思います。連休は仕切り直しを考えるよい時期であると言えます。

おすすめ退職代行ランキング

【1位】汐留パートナーズ法律事務所の退職代行

退職代行からトラブル交渉まで弁護士が直接対応する退職代行をお薦めします。 弁護士が直接対応する「退職代行サービス」は、あなたが辞めた後も法的にしっかりとサポート致します。 もう悩まずに新しいステップに進みませんか?お気軽にご相談ください。

「汐留パートナーズ法律事務所」は、企業法務から個人事件まで、豊富な経験と法律知識を駆使して、法律に関するあらゆるサポートしてます。

当事務所は、法人のお客様、個人のお客様を問わず、すべてのお客様と共に悩み、プロフェッショナルとしての解決策を『早く』『的確』に打ち出します。

また、一般的に弁護士が苦手としている税務・労務につきましても、併設している「汐留パートナーズ税理士法人」「汐留行政書士事務所」との提携により、万全のサポート体制を整えています。

退職代行サービスはトラブル交渉まで弁護士が直接対応する退職代行をお薦めします。

弁護士が直接対応する「退職代行サービス」なら、あなたが辞めた後も法的にしっかりとサポートしてくれます! もう悩まずに新しいステップに進みませんか?

【2位】安全退職ドットコム

そんな会社の精神的悩みを解決するために、退職代行業務からトラブル交渉、未払い金回収まで弁護士がワンストップで行います。

退職するのに早い・安い・簡単を実現化!100%丸投げOK(全国対応)
今の時代、退職代行に頼むのは当たり前(認知)の時代になってきました。

ほとんどの会社は辞めると言った瞬間に、手のひらを返したように冷たくされ、敵意さえ感じさせる場合もあるほどです。昨日の仲間が今日の敵にもなることも。

そんな会社の精神的悩みを解決するために、退職代行業務からトラブル交渉、未払い金回収まで弁護士がワンストップで行います。

弁護士が直接対応する「安全退職代行サービス」はあなたが辞めた後も法的にしっかりとサポートを行います。

もう二度と悩まずに新しいステップに進むことが可能です。
※弁護士は法的に弁護士法第23条で秘密保持義務が課されています。

【3位】女性の退職代行【わたしNEXT】

今すぐ辞めたい、次へ行きたいと願う女性の退職代行サービス。即日当日退職可、退職成功率100%、ご相談無料、転職祝い金5万円!自分で辞めると言わなくても嫌な仕事から即日解放。「安堵とストレスの解放」を退職代行サービスわたしネクストがすぐ実現。退職代行なら明日から行かなくて大丈夫。女性の退職代行なら安心してお任せ下さい。

明日から会社に出社しなくても大丈夫です。女性の退職代行なら安心してお任せください。

お客様満足度「大変満足」が98.7%!

もしもの時の全額保証・日本初「女性向け退職代行」・社への連絡は「わたしNEXT」が
行うため、自分で会社に辞めることを言わなくて大丈夫。最短で依頼当日に退職できます。

会社側とのやりとりも不要となるため、
慰留や脅迫などの面倒から逃れられるのも選ばれている理由です。

さらに退職できなければ100%返金保証!安心感でも選ばれています!

 

おすすめ関連記事