HOME > 退職代行 > [退職代行サービス]新卒で就職した会社がブラックなら使うべし
退職代行

[退職代行サービス]新卒で就職した会社がブラックなら使うべし

「入社してみたらブラック企業で辛い・・会社を辞めたい」
「新卒1年目だけど上司のパワハラがひどくて会社に行いきたくない」
「ブラックな会社を辞めたいけど、新卒だから退職しづらい・・」

ブラック企業に入ってしまって「今すぐに辞めたい」とは思っても、早期に辞めることに罪悪感を感じたり、迷うこともありますよね。

結論から言うと、新卒1年目でもブラック企業であれば退職することは大いにありです。

そこで今回は、労働環境の悪い職場で勤めている人の気になるであろう以下の質問にお答えします。

  • 新卒で会社を辞めても大丈夫?
  • ブラック企業でも働き続けた方が良い?
  • 退職前に考えておきたいことはある?
  • 引き止めに合うなど、退職に不安を感じるときの対処法は?

具体的にわかりやすく解説するので、ご覧ください。

[退職代行サービス]新卒で就職した会社がブラックなら使うべし

 勤めている会社がブラック企業なら早急に離れよう!

「新卒1年目で辞めるなんて甘えなのでは?」「周りからダメなやつだと思われそう・・」せっかく入った会社をすぐに辞めるとなると、いろいろなことが気になってしまいますよね。

しかし、働く人に過酷な労働を強いるブラック企業で疲弊して、時間を使うことははっきり言ってもったいないです。

ブラック企業で働いているのであれば、新卒1年目であっても早めに次の道を見つけることをおすすめします。

ブラック企業でないのなら簡単に退職せずじっくりと考えよう

ブラック企業に勤めているのなら、退職することは全く問題ありません。しかし、退職するということはリスクも伴うことを理解しておく必要があります。

例えばどのようなリスクがあるかというと、

  • 毎月固定で入ってきていた収入が途絶える
  • 職歴に早期での退職が残ってしまう
  • 転職に影響してしまう恐れがある

いざ退職するとなると、上記のようなリスクもあるので、

ただ「仕事に行くのが面倒くさい」「上司とそりが合わない」「業務が退屈」という理由で安易に退職してしまうのは、後々後悔してしまう可能性も否めないので、じっくりと考えてみる必要があります。

「現在の環境にいて改善できるところはないか」「今辞めてしまって本当に後悔しないのか」冷静に考えてから決断してくださいね。

どのような企業がブラック企業?

さて、ブラック企業とはいったいどのような企業のことを指すのでしょうか?気になる人もいると思うので、具体的に例を挙げて説明します。

長時間労働を強いられている

長時間の残業が続いているのなら、その会社はブラック企業の可能性があります。

2019年4月以降、残業時間の上限についてこれまでよりも取り決めが厳しくなっているので、チェックしてみてください。規制が勤務先での残業時間が規定を超えているなら、要注意です。

36協定を結んでいる企業の場合の残業時間の上限は、複数月の平均が80時間以下、かつ単月で月100時間以下です。36協定がない場合には、法廷時間1日8時間、週40時間までと定められています。

「たくさん残業しているのに、給料は低い・・有給もなかなか取れない」というのならブラック企業の可能性が高いと言えます。

※36協定とは、労働基準法36条に規定された「労働者に時間外労働(残業)させる場合、あらかじめ労働組合、または労働者の代表と協定を結ばなくてはならない」協定のことです。

上司からのパワハラやセクハラで精神的に参っている

会社の上司が「こんなこともできないなら辞めてしまえ!」「業績が悪いから給料をカットする!」と言うようなパワハラ、または性的な発言や行動による嫌がらせをされるセクハラなどのハラスメントが横行しているのであれば、ブラック企業の可能性があります。

パワハラやセクハラを受けた人は精神を蝕まれ、うつ病にまで追い込まれるケースもあるため、見逃すことのできない労働問題です。

退職の意思を伝えても聞き入れてもらえない

労働者には法律上、退職の自由が認められています。それにも関わらず「退職届を提出したら受け取りを拒否された」「今辞めるのなら退職金を支払わないと脅された」というのなら、それは違法行為であり許されることではありません。

退職する前に考えておきたいこと

先ほどもお伝えしましたが、退職してしまうとこれまでの収入が途絶えてしまいます。退職を決意したのなら、辞める前に次のことを考えておきましょう。

転職先を探しておく

退職したあとにまず考えるのが、「転職する」という選択肢ではないでしょうか?

退職してから仕事を見つけるというのは、仕事が見つかるまで貯金を削って転職活動をしなければならないというリスクがあります。

転職活動中は、失業保険を受けることを考える人も多いと思いますが、「自己都合」で辞めると失業保険を受給するまで約3ヶ月くらいは待機期間があり、すぐに受け取りことができません。

転職を考えている人は、できるだけ在職中に転職活動をして次の職場を見つけておくことをおすすめします。

貯金をしておく

うつ病や体調不良でしばらく休養するというのであれば、しっかりと貯金をしておくと安心です。

ただし、うつ病の原因がパワハラやセクハラ、長時間労働など会社が原因であれば、労災認定され治療費や休業補償を受けられる可能性があります。もし、疾患の原因が会社以外なら傷病手当を受けられかもしれません。

しかし、上記の手当てなどを受けられる保証はないので、休養中の最低半年の生活費を賄える程度の貯蓄をしておきましょう。1人暮らしだと、生活コストが高いので、実家に帰って休養することを検討してみるのも良いでしょう。

独立するという選択肢もある

転職以外の働き方として、「フリーランスとして独立して働く」という選択肢もあります。

しかし、フリーランスとして働くとなると、毎月安定したお給料が入っているわけではなく、会社員のような生活の保障はありません。

また、フリーランスには実績や経験が欠かせないので、在職中に副業としてやってみて「独立できる」という実感を得られてから決断する方がリスクを避けられるためおすすめです。

退職に不安があるなら退職代行サービスがおすすめ

「退職したいと伝えても聞き入れてもらえない」「上司が怖すぎて退職すると言い出せない」など、退職に不安があるなら退職代行サービスの利用をおすすめします。

退職代行サービスは、あなたに変わって退職の意思を伝えてくれるサービスです。退職代行の担当者は、退職の流れを熟知しているのでスムーズに退職することができます。

次の転職先を支援してくれる退職代行サービスもある

転職を考えているのなら、転職支援付きの退職代行サービスをおすすめします。転職支援付きの退職代行サービスを利用すれば、退職から転職までをサポートしてくれるので、精神的な負担も解消されます。

未払いの残業代の請求など”交渉”するなら弁護士に相談しよう

もし、現在の職場に未払いの残業代があったり、「辞めるなら退職金を支払わない」と脅されて、何らかの”交渉”が発生する可能性があるなら、最初から弁護士の行なっている退職代行サービスを利用しておくと退職までがスムーズです。

弁護士は法律のプロですし、あらゆる交渉ごとに長けているので、退職の手続きから交渉ごとを全て任せることができます。

ブラック企業なら新卒で辞めても問題なし!早々に離れて次の仕事を探しましょう

新卒での退職を安易に決断することは、リスクが大きいのでおすすめできません。

しかし、もし長時間の残業を強いられていたり、ひどいパワハラやセクハラにより精神を蝕まれて悩んでいるのなら、その企業はブラック企業の可能性が高いと言えます。

ブラック企業で時間や心身を消耗してしまうのは、非常にもったいないことです。新卒の若い時間を無駄にしないためにも、ブラック企業に勤めているのなら退職を検討してみましょう。

そして、退職に不安があるのなら、退職代行サービスを利用するのも一つの手です。ぜひ、これからの人生にプラスになる前向きな決断をしてくださいね。

おすすめ退職代行ランキング

【1位】汐留パートナーズ法律事務所の退職代行

退職代行からトラブル交渉まで弁護士が直接対応する退職代行をお薦めします。 弁護士が直接対応する「退職代行サービス」は、あなたが辞めた後も法的にしっかりとサポート致します。 もう悩まずに新しいステップに進みませんか?お気軽にご相談ください。

「汐留パートナーズ法律事務所」は、企業法務から個人事件まで、豊富な経験と法律知識を駆使して、法律に関するあらゆるサポートしてます。

当事務所は、法人のお客様、個人のお客様を問わず、すべてのお客様と共に悩み、プロフェッショナルとしての解決策を『早く』『的確』に打ち出します。

また、一般的に弁護士が苦手としている税務・労務につきましても、併設している「汐留パートナーズ税理士法人」「汐留行政書士事務所」との提携により、万全のサポート体制を整えています。

退職代行サービスはトラブル交渉まで弁護士が直接対応する退職代行をお薦めします。

弁護士が直接対応する「退職代行サービス」なら、あなたが辞めた後も法的にしっかりとサポートしてくれます! もう悩まずに新しいステップに進みませんか?

【2位】安全退職ドットコム

そんな会社の精神的悩みを解決するために、退職代行業務からトラブル交渉、未払い金回収まで弁護士がワンストップで行います。

退職するのに早い・安い・簡単を実現化!100%丸投げOK(全国対応)
今の時代、退職代行に頼むのは当たり前(認知)の時代になってきました。

ほとんどの会社は辞めると言った瞬間に、手のひらを返したように冷たくされ、敵意さえ感じさせる場合もあるほどです。昨日の仲間が今日の敵にもなることも。

そんな会社の精神的悩みを解決するために、退職代行業務からトラブル交渉、未払い金回収まで弁護士がワンストップで行います。

弁護士が直接対応する「安全退職代行サービス」はあなたが辞めた後も法的にしっかりとサポートを行います。

もう二度と悩まずに新しいステップに進むことが可能です。
※弁護士は法的に弁護士法第23条で秘密保持義務が課されています。

【3位】女性の退職代行【わたしNEXT】

今すぐ辞めたい、次へ行きたいと願う女性の退職代行サービス。即日当日退職可、退職成功率100%、ご相談無料、転職祝い金5万円!自分で辞めると言わなくても嫌な仕事から即日解放。「安堵とストレスの解放」を退職代行サービスわたしネクストがすぐ実現。退職代行なら明日から行かなくて大丈夫。女性の退職代行なら安心してお任せ下さい。

明日から会社に出社しなくても大丈夫です。女性の退職代行なら安心してお任せください。

お客様満足度「大変満足」が98.7%!

もしもの時の全額保証・日本初「女性向け退職代行」・社への連絡は「わたしNEXT」が
行うため、自分で会社に辞めることを言わなくて大丈夫。最短で依頼当日に退職できます。

会社側とのやりとりも不要となるため、
慰留や脅迫などの面倒から逃れられるのも選ばれている理由です。

さらに退職できなければ100%返金保証!安心感でも選ばれています!

 

おすすめ関連記事