Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
HOME > 退職代行 > 退職代行サービスを使ったことは親にバレる?親世代は退職代行をどうみているか
退職代行

退職代行サービスを使ったことは親にバレる?親世代は退職代行をどうみているか

退職代行を使ったことは親にバレる?親世代はどうみてるか

退職代行サービスというサービスはまだ新しく普及したばかりのサービスです。これを親世代がどのようにみているのかを理解することは大事です。というのも、退職代行サービスを利用することが親にバレると、サービスの利用をやめろと注意される可能性があるからです。

問題は「なぜ注意されるのか」という理由ですが、この記事では、親世代は退職代行サービスについてどんな認識を持っているのかについてご説明します。

退職代行サービスを使ったことは親にバレる?親世代は退職代行をどうみているか

親世代は退職代行サービスをどう捉えている?

まずは親世代が退職代行サービスについてどのように理解しているのかをみてみましょう。

退職代行サービスに関する親世代の認識

退職代行サービスは2018年に誕生したばかりの新しいサービスです。その後、需要の多さを受けて退職代行サービスが増えてきています。

退職代行サービスは基本的に退職を申し出る行為を依頼者に代わって仲介するものです。依頼者の言葉をそのまま会社側に伝えるだけなので、メッセンジャーのような性質があります。

この業務サービスだけを見ると、親世代は不思議に思うかもしれません。「なぜ自分で会社に直接、退職することを伝えないのか」と思うわけです。

故に、あなたが退職代行サービスを利用していることが親にバレると、何かしらの注意を受けるかもしれません。これは、わざわざお金を払ってまで、なぜ自分の退職を伝えてもらうのかが理解できないことによるものです。

退職代行サービスの利用を甘えと捉える人も

退職代行サービスを利用することに対して、親は甘えと捉えるかもしれません。

場合によっては就職してすぐに退職を考える人もいるからです。さらにそれを退職代行サービスに依頼するということに対しては、社会人として甘いと考える親もいるかもしれません。

就職してすぐに退職したいという人は、やはりその意志を伝えることには後ろめたさを感じることでしょう。そのために、退職代行サービスを利用しようと考えるからです。

つまり、親から見れば、すぐに退職するという後ろめたさは、仕事や職場が自分に合うのかどうかの見極めをする前に退職を考えてしまう甘さがあるからだと考えることになるのです。

石の上にも3年という言葉がありますが、確かに仕事が自分に合うものかどうかを見極めるには時間を要するかもしれません。それを見極める前に退職を考えるというのは、親から見れば持続力がないからだと捉えることにもなるのでしょう。

親世代が、退職代行サービスの利用は甘えであると考える理由

退職代行サービスを利用していることが親にバレると、それは甘えであると注意されるかもしれません。退職の理由がどうであれ、その意志を第三者の退職代行サービスに伝えてもらうという行為に対して、次のような理由で甘えだと考えるかもしれません。

会社への筋を通すべきである

親世代には筋を通すということを大事にする人が多いかもしれません。もちろん筋を通すことは大切です。約束は守る、恩は返すなど、その理由はいろいろいとあるでしょう。

しかし、会社に退職を申し出ることを本人が行わないことは、筋が通らないことなのでしょうか。極端な話をすれば、事故に遭って意識がなくなれば、退職を申し出ることは不可能です。

それが極端であるとすれば、うつ病になった人はどうなるのでしょうか。

親世代の人たちが若い頃には、うつ病というものはまだ認知されていなかったでしょう。1990年代に海外の製薬会社が、日本にはうつ病のマーケットがないと判断しています。そのことからも、それ以前はうつ病に関する理解は少なかったと考えることができます。

その世代の親としてみれば、うつ病は単なる怠け癖だと映るかもしれません。そして退職するのであれば、会社に筋を通すべきだと考えても不思議ではないでしょう。

しかし、うつ病の人に退職願いを自分でするように強いると、症状が悪化する可能性もあります。

筋を通せるなら、自ら退職を願い出ても良いですが、退職を願い出るのが難しい状況や環境であるならば退職代行サービスを利用することも選択肢に入れるべきでしょう。

会社への恩はきちんと返すべきである

親世代は終身雇用制度で会社に守られた世代なので、給料を支払ってくれる会社に対して恩義というものを感じていたかもしれません。

しかし、今は世の中が変わっています。給料はあくまでも成果に対する報酬として支払われますし、成果を出せなければ基本的には昇給も期待できません。

給料というものは、あなたの労働への対価として支払われるものであり、それはつまり給料分の価値をあなたは会社に対して労働として提供しているのです。なので、「給料をもらっていたしなぁ」などといった感情的な恩義を感じる必要は全くありません。

あなたは労働を提供し、会社は給料を支払う。契約はこれで成立しています。

親世代と今は仕事環境が違う

昔は終身雇用制度があったので、とにかく会社に長く勤めることにメリットがありました。能力にかかわらず、収入も増えたものです。

しかし、現代は終身雇用制度は完全になくなり、無理をして会社に残るメリットは薄れています。

さらにスピードの変化が早い世の中で、会社自体が生き残るのも難しくなっています。つまり、業績が伸びない会社に残るメリットはないとも言えます。

その実感がない親世代は、相変わらず会社に残ることを勧めるかもしれません。話をしても平行線ということもあるでしょう。

このような世の中の変化にともなって、退職代行サービスというものが誕生したとも言えます。もし退職代行サービスを利用したことが親にバレるとしても、特に気にする必要はありません。

退職代行サービスの利用は親にバレる?

親世代が若い頃と現代とでは、職場環境には大きな違いがあります。とはいっても、親に退職代行サービスを利用したことがバレるのは避けたいと思うかもしれませんね。

安心してください。退職代行サービスを利用していることは、親にバレることはありません。それは、退職代行サービスというものは決して本人の代理として会社と退職に関する交渉をするものではないからです。

会社側に伝える内容はあくまでも退職を希望する人の意志です。退職代行サービスが会社に伝える内容を考えることはありませんし、あくまでもメッセンジャーとしての役割を果たすのみです。

そのため、会社側も何か伝えることがあれば、退職代行サービスを通して本人に伝えるという形を取ります。決して本人と連絡を取る手段がなくなるわけではないので、わざわざ親に連絡をする必要はないということです。

もちろん退職代行サービスから依頼者の親へ連絡をすることもないので、親にバレるということはありません。

親にバレることになっても退職代行サービスがおすすめである理由

たとえ親に退職代行サービスを利用することがバレることになっても、このサービスを利用することはおすすめできます。

退職代行サービスを利用することは甘えなのか

親から見れば退職代行サービスを利用することは甘えだと思うかもしれませんが、現代は仕事環境の急速な変化によってさまざまなストレスに晒されています。

それを理解してもらえるならば、退職代行サービスを利用することにも理解してもらえるはずです。

1539歳の死因第一位は「自殺」です。無理をして仕事を続けることで、精神的なダメージが蓄積されてしまうと大変なことになってしまう可能性があります。

そう考えると、2万円~5万円ほどの費用で退職代行サービスを利用することは決して甘えとは言い切れません。

もし親にバレることがあり、それは甘えだと言われたとしても、現代の働く環境を考えると気にすることはありません。自分の身を守るために、辞めるべき仕事はすぐに辞めることが大事です。

無理に仕事を続けることのリスク

親から見ればすぐに仕事を辞めることは持続力が足りないと思える行為かもしれません。しかし、現代は、ストレスに晒されながら仕事を無理に続けることは大きなリスクがあります。

精神的なストレスを積み重ねてしまうと、生活を立て直すことが難しくなる危険性があります。昔の考え方で仕事や職場に慣れるまで我慢することには、大きなリスクが伴うことを理解しなければなりません。

まとめ

親世代が若い頃に働いていた時代と現代は、明らかに職場環境に違いがあります。あなたが退職代行サービスを利用してもそれが親にバレることはありませんし、それを理解していない親に退職代行サービスがバレることがあったとして、それを注意されたとしても気にすることはありません。無理して続けてしまい、精神的な病気になるストレスを抱えるよりも、あなたの未来のために早く環境と気持ちを切り替えることが大切です。

参考サイト
「うつ病は日本でどのように広まってきたのか」http://wedge.ismedia.jp/articles/-/10223?page=2

おすすめ退職代行ランキング

【1位】汐留パートナーズ法律事務所の退職代行

退職代行からトラブル交渉まで弁護士が直接対応する退職代行をお薦めします。 弁護士が直接対応する「退職代行サービス」は、あなたが辞めた後も法的にしっかりとサポート致します。 もう悩まずに新しいステップに進みませんか?お気軽にご相談ください。

「汐留パートナーズ法律事務所」は、企業法務から個人事件まで、豊富な経験と法律知識を駆使して、法律に関するあらゆるサポートしてます。

当事務所は、法人のお客様、個人のお客様を問わず、すべてのお客様と共に悩み、プロフェッショナルとしての解決策を『早く』『的確』に打ち出します。

また、一般的に弁護士が苦手としている税務・労務につきましても、併設している「汐留パートナーズ税理士法人」「汐留行政書士事務所」との提携により、万全のサポート体制を整えています。

退職代行サービスはトラブル交渉まで弁護士が直接対応する退職代行をお薦めします。

弁護士が直接対応する「退職代行サービス」なら、あなたが辞めた後も法的にしっかりとサポートしてくれます! もう悩まずに新しいステップに進みませんか?

【2位】安全退職ドットコム

そんな会社の精神的悩みを解決するために、退職代行業務からトラブル交渉、未払い金回収まで弁護士がワンストップで行います。

退職するのに早い・安い・簡単を実現化!100%丸投げOK(全国対応)
今の時代、退職代行に頼むのは当たり前(認知)の時代になってきました。

ほとんどの会社は辞めると言った瞬間に、手のひらを返したように冷たくされ、敵意さえ感じさせる場合もあるほどです。昨日の仲間が今日の敵にもなることも。

そんな会社の精神的悩みを解決するために、退職代行業務からトラブル交渉、未払い金回収まで弁護士がワンストップで行います。

弁護士が直接対応する「安全退職代行サービス」はあなたが辞めた後も法的にしっかりとサポートを行います。

もう二度と悩まずに新しいステップに進むことが可能です。
※弁護士は法的に弁護士法第23条で秘密保持義務が課されています。

【3位】女性の退職代行【わたしNEXT】

今すぐ辞めたい、次へ行きたいと願う女性の退職代行サービス。即日当日退職可、退職成功率100%、ご相談無料、転職祝い金5万円!自分で辞めると言わなくても嫌な仕事から即日解放。「安堵とストレスの解放」を退職代行サービスわたしネクストがすぐ実現。退職代行なら明日から行かなくて大丈夫。女性の退職代行なら安心してお任せ下さい。

明日から会社に出社しなくても大丈夫です。女性の退職代行なら安心してお任せください。

お客様満足度「大変満足」が98.7%!

もしもの時の全額保証・日本初「女性向け退職代行」・社への連絡は「わたしNEXT」が
行うため、自分で会社に辞めることを言わなくて大丈夫。最短で依頼当日に退職できます。

会社側とのやりとりも不要となるため、
慰留や脅迫などの面倒から逃れられるのも選ばれている理由です。

さらに退職できなければ100%返金保証!安心感でも選ばれています!

 

おすすめ関連記事